会社ってどう辞めるの?知ってそうで知らない退職手順!会社を辞める5ステップとは?

転職、退職の決断
この記事は約5分で読めます。

「会社を辞めたいけど、どうすればいいの?」
「会社がつらい…でも退職は面倒だから我慢しよう…」

会社を辞めたい、転職したい、などと常々考えていても、行動に移せずに月日だけが過ぎてしまっている会社員も少なくないだろう。

自分に合わない会社や職場環境で働き続けるのは、心身ともにダメージを受け続けていることだ。

行動に移せない理由には「退職を経験したことがないから、辞め方がわからない…」ということはないだろうか?

このページでは、会社の辞め方を5つのステップで考えて紹介する。会社が嫌だ、退職したいなど日々耐えながら働いているなら、ぜひ参考にして欲しい。

退職までの「5ステップ」

未経験のことを自分だけで悩んでいても行動するのは簡単ではない。

会社を辞めるまでの行動をしっかりと理解すれば、前向きに退職や転職を考えられるようになるだろう。

ここでは、以下の5ステップについて説明しよう。

退職までの5ステップ!
  1. 退職の意思決定
  2. 家族の説得
  3. 上司へ退職を申し入れる準備
  4. 上司へ退職の意思を伝える
  5. 退職届など退職日までに準備すべきこと

では、順番に説明していこう。

ステップ1:退職の意思決定

最初に会社を辞めることを決心する必要がある。

退職を考えるきっかけは人それぞれだが、辞める意識決定をするときにはポジティブな気持ちであった方が、その後の生活に好影響を与えられるのだ。

退職意思決定についての詳細は、関連記事を参考にしよう。

ステップ2:家族の説得

結婚していたり同棲しているならパートナーを説得する必要があるだろう。また、独身者や若い会社員なら両親などを説得しなければならないケースもあるのではないか。

とにかく、メインで生活費を稼いでいる家族が「会社を辞めたい…」と告げてきたら、ほかの家族は不安を感じてしまうだろう。

この不安を軽減させる内容を上手に告げることが、家族を説得するうえで一番大切なことになるのだ。

家族の反対があっては、退職後に些細なことでも家庭が崩壊してしまう懸念もある。ここは、もっとも重要な部分なのでしっかりと伝えられるように準備しよう。

家族の説得についての詳細は、関連記事を参考にしてもらいたい。

ステップ3:上司へ退職を申し入れる準備

ここがもっとも緊張する瞬間かもしれない。自分の退職を会社側へ伝える最初のステップだ。

退職を上司へ伝えるには、上司と2人になる環境をつくる必要がある。また、上司の都合のいい日時で、さらに自分の退職希望日を考慮した日時での調整も必要だ。

こういった上司への面談を申し出る際には、直接伝えるべきかメールでいいのかなど、迷うこともあるだろう。

関連記事で詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてもらいたい。

ステップ4:上司へ退職の意思を伝える

いよいよ退職の意思を上司へ申し出るのだが、この場は相談ではなく自分の決意したことを伝える場だ。

そのためには、事前に準備しておくことも少なくない。

ほとんどのケースでは上司から退職を引き止められるため、上司が納得するような退職理由や今後の自分についてなど、しっかりと答えられるように準備する必要があるのだ。

また、この面談一度で済ませるために、伝えるべきポイントも多くある。

上司へ退職を伝える際のポイントは、関連記事を参考にしてもらいたい。

ステップ5:退職届など退職日までに準備すべきこと

無事に退職が決まったら、退職日までにすべきことを考える。

有給休暇を消化して会社を辞めるなら、最終出勤日までに引き継ぎや挨拶などを済ませるようにしよう。

また、退職届の提出や会社への返却物の準備など、対応することも多くあるのだ。

詳細は、関連記事を確認してもらいたい。

退職への不安や障害を乗り切る方法

会社を辞めたくても転職先が決まっていなければ不安を感じるだろう。

また、勇気を出して上司へ退職の意思を伝えたのに、辞めさせてくれないケースも少なくない。

これらの不安や障害を乗り切るには、支援サービスを利用するのも一つの解決方法だ。

詳しくは関連記事を確認してほしい。

まとめ

会社を辞めるには、さまざまな準備が必要となる。しかし、それらの流れを把握しておけば辞めたい会社の退職を検討しやすくなるだろう。

もし、退職に不安や障害があるなら、プロの支援サービスの利用を検討することも考えてはいかがだろうか。

タイトルとURLをコピーしました